延滞してしまうとどうなるのか

キャッシングで借りたお金を期日までに返済できず、延滞してしまうとどうなるのでしょうか。まず、期日までに入金がない場合は、金融機関から個人名で督促の電話がかかって来ます。これは一日に二度ほどの割合です。それでも入金が確認されないと、今度は督促状がやはり個人名で送付されて来ます。督促状は最初の内は文面が穏やかですが、徐々に厳しい内容のものに変わって行きます。この時点でもまだ延滞がある場合は、金融機関から訴訟を起こされることもあります。
延滞のデメリットはそればかりではありません。3か月続けて延滞をすると、信用情報に事故情報、いわゆるブラック情報として記録されるために、新規にキャッシングをしたり、カードを作ったりすることが困難になります。このようなことにならないためにも、キャッシング分の返済は期日までにすませる、3か月連続で遅れない、こういったことを徹底するように心がけましょう。
また、収入が少なくなった、あるいは仕事を替わったなどで、キャッシングの返済が困難になった場合には、借入先の金融機関に相談して、返済計画を見直すようにしましょう。収入が少なくなると、当然ながらそれまでと同じ返済額では生活が苦しくなります。しかし、それでも返済が難しい場合は、債務整理をすることをお勧めします。この場合は弁護士や司法書士に相談するのがベストですが、消費者センターや国民生活センターでも話を聞いてもらえます。また、お金が無い場合は法テラスの無料相談に依頼すると、一時的にですが、弁護士や司法書士の報酬を立て替えてもらえます。